CONTENTS

 オリジナル情報をオトドケ~! 

2019.12.24 UP

「描いてみようGalaxy Note 10+で広がる世界」

田中紫紋さんにGalaxy Note 10+を使って

イラストを描いてもらいました!

普段どんなお仕事をされていますか?

 

映像、アニメーション、CG制作を中心にやっているんですけど、あとはアーティストのCDのジャケットデザインとか、イラストも描いたりはしています。

 

 

今回のイラストのコンセプトは?
 

キャラクター自体は「エイリアン」。一応僕の設定では、「ヨークシャーテリア型宇宙生命体」っていう感じです。ヨークシャーテリアって可愛くされがちじゃないですか。愛されキャラになればいいなっていう設定でちょっとリボンのっけてみたりしてかわいい感じにしたんです。

 

田中紫紋さんが描いたイラスト

背景はなぜ宇宙にされたんですか?


"Galaxy"だからでしょう。これ"Galaxy"なんですから。宇宙です。

ペンの描き心地はどうですか?

 

これ細い、太いができるんです。筆圧なんですけど、この感じはすごい。本当に描いてる感ありますからね。

Galaxy Note 10+を使ってみて感じた魅力を教えてください。

 

タブレット端末ってポケットに入らないものじゃないですか。手ぶらで出かけらんないみたいなところはあったんですけど、これはポケットに入るんで、いつでも絵を描けるっていうのは結構でかいかなと思いますね。

思いついて、例えば次の打ち合わせ用にラフ描いとかなきゃみたいな。昔ってちょっと小っちゃいメモとかでやってたんですよ。それから僕はタブレットに全部移行した感じではあったんですけど、どうしても電車内だと周りの視線が気になってしまう。なので、これだったら大丈夫ですね。何なら電車でプレゼン資料そのまま作っちゃおうみたいなところはありますね。

これで全部こと足りると思います、仕事でもプライベートでも使えそうですね。

あと、個人的な意見なんですけど、子どもが「ゲームやらして」って外食行くと言うんですけど、子どもにゲームやられるの嫌なんです。でも、これだったら「これでお絵描きしてな」って言って、子どもの絵を描くの見るの楽しいんで、それはすごくいいですね。画面も大きいので、机に置いといて子どもが何描いてるか見える。子どもと一緒に使う端末としても面白いですね!

今回はアートディレクター田中紫紋さんをお招きしてGalaxy Note 10+の魅力に迫りました。Galaxy Note 10+はプライベートや仕事の様々な場面で活躍してくれそうです。みなさまも、この機会にお手にとってGalaxy Note 10+の魅力を感じてみてください。